スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Yemen Cafe

2011年11月20日

2011_20111120220452.jpg

寒くなったら一段と美味しいYemen Cafeのラムスープ。



2022.jpg

人の頭より大きなサイズのパンが一人一枚つきます。
インドのナンみたいだけど、バターは使ってなく、香ばしくて美味しいの。
そのパンでレバーと野菜の炒め物や、ペースト類などを挟んで食べます。


2024_20111120220417.jpg

ローストラムは、お肉が骨からホロっと外れる柔らかさ♪
相変わらず美味しかったです。

★前回のラム料理はこちら


2026_20111120220416.jpg


Yemen Cafe  176 Atlantic Ave (btw Court st & Clinton st), Brooklyn



この近くにあるブッチャーへ行ってるのだけど、最近は連続でフラれてばかり。
売り切れで買えてない。(涙)
訪れる曜日と時間のタイミングが悪いみたい。
根気よくまた買いに行くぞっ!




スポンサーサイト
---イエメン | Comments(2) | Trackback(0)

Ali Baba Turkish Cuisine

2011年11月01日
久しぶりのトルコ料理です。
Ali Babaへ。


2011_20111030231628.jpg
ランチスペシャルはメインと前菜(アペタイザー、スープ、サラダから選べます)で10.95ドルとお徳です。

まずは好物のBabaganushと、Eggplant With sauce
焼きたてのパンはお代わり有りです♪


201111_20111030231627.jpg

こちらも前菜類。
Findik Lahmacunと、Mucver

Findik Lahmacunはトルコ流ピザ。薄い生地にラムのひき肉が敷かれています。
レッドオニオン、トマト、パセリなど野菜を乗せ、レモンジュースを絞ります。
くるくると巻いて食べると食べやすい。

美味しいです!
ラムを使うところがいいアクセント。

Mucverはズッキーニのパンケーキ。
さつま揚げのように見えるけど、味はふわふわしたお好み焼きみたい。
ガーリック風味のヨーグルトソースをつけて。



0112_20111030231627.jpg
メインはケバブを2種、どちらもラムです。
Spicy Beyti Kebabスパイスが効いたグラウンドラムのケバブと、定番のShish Kebabを。



031.jpg

デザートはとりたてて魅力的なものはなかったけど、サンプル5種をトレーで持ってきてくれたし、何か一つ頼もうってことでコレ。

予想通りの甘さですが、コーヒーと一緒だと少量なら美味しい。
(トルココーヒーでなく、アメリカンコーヒーにしちゃいました。)


その昔から世界3大料理の一つとされるトルコ料理は、地理的・歴史的に西アジアと東ヨーロッパやギリシャなど周辺の国の影響を受けており、確かにギリシャや中東国と似たものが多いですよね。
そして微妙に味が違ってます。


お店の人はわりとテキパキして(ゆるゆるかと思ってた)、お店も小奇麗(もっと食堂ちっくかと思ってた)で、繁盛するはずですね。


016.jpg

トルコといえば、大きな地震があったばかり。
昨日はアメリカ東海岸でまだ10月だというのに積雪があり停電した地域も多く、タイでは水害がまだ続いているし、今年は世界中で災害が本当に多い。



Ali Baba Turkish Cuisine
212 East 34th St (bet 2nd & 3rd Ave), NYC

http://www.alibabaturkishcuisine.com/


---トルコ | Comments(2) | Trackback(0)

Yemen Cafeでラムだらけ

2010年11月10日

3095.jpg

NYCマラソンの応援が一区切りついたところで、地下鉄に2駅乗って、目的のYemen Cafe(イエメン・カフェ)』へ向かいます。

そういや昨年のマラソンの日もここに来たよね。
でもいいんです、美味しいから♪
この日はラム尽くしのメニューになり、私たちめっちゃラム臭かったかも!? 笑

4人でアペタイザー1品、メイン3品の合計4品を頼んだんだけど、なぜか5品がテーブルの上に乗っていました。
サービス?


3086.jpg

まずは美味しい美味しいラムのスープ
前にお家でこのラムスープを作ってみたんだけど、こうはならないね。
スパイスはなにを入れてるんだろう???


3087.jpg

アペターザーはラムのレバー炒め
チキンのレバーに似ている、という感想がでました。確かに!
ほんでレバニラじゃなくて、こちらはレバトマです。



3090.jpg

ここからメイン。イエメン伝統料理といわれるサルタ
野菜の煮込みみたいなもので、グツグツいっている中、パンでぬぐって食べます。
器の底に沈んでいる野菜をうまくすくい上げて。



3092.jpg

ラム挽肉と野菜の炒め物
こま切れ肉やん、と思うような挽肉です。機械じゃなくて包丁で切ってるんだろうね。
しっかり食べた感ありです。



3093.jpg

ローストラム
ほろっと柔らか~いお肉。
骨の周りが美味しいんだよねー。骨の髄もずずっと吸えるくらいに入ってたようです。

ここまでラムを食べ続けた私たち、口の周りがラムラム(ムラムラじゃないよ)で、イエメンの野生児になったような感覚!



3091.jpg

そしてサービスかと思ったお皿はこれなんだけど、おそらくローストラムがお皿に乗り切れなかったから、別皿になったのと推測してます。

今まで2~3人で来ることが多く、人数によって量を加減してくれてるなーと思ってました。
今回は4人だったから、たくさんつけてくれたのかも。

イエメンカフェでは、チキンのお料理よりラムが美味しい。
この日はラムばっかりのお料理でしたが、部位も調理法も味付けも違うので、どれも美味しくいただけました。


二人分の料理はこちら


Yemen Cafe  176 Atlantic Ave (btw Court st & Clinton st), Brooklyn


---イエメン | Comments(4) | Trackback(0)

Mamoun's Falafel

2010年03月07日

208.jpg


中東料理のファラフェルサンドを食べにMamoun's Falafelへ、雅子さんとランチです♪

他にイタリアンカフェが候補に挙がってたけど、「何となく中東系な気分やね~」ってことでファラフェル。

いや~もうビックリでした。
何がって? 安さにです!!!
だって、このサンドが2.5ドル、plateにしても5ドルほどなんだよ!
メニューを二度見、いやいや3度見・・・5度見しました。

でも値段に釣り合わないくらい美味しかった♪

超B級ランチをお付き合いさせてしまったよ~!!!



Mamouns 22 St. Marks Place
http://mamouns.com/

NYの食【中東】 | Comments(8) | Trackback(0)

ファラフェルコンボ

2010年02月04日
235.jpgグラセンの地下のフードコードで簡単ランチ。

ファラフェルコンボです。


ファラフェル6個
フムスたっぷり
サラダどっさり
温かいピタ
が入っています。 


2人で食べていいくらいの量。これで9ドルくらいだったかな~??



237_20100204204750.jpgフムスとは、ヒヨコマメのペーストにタヒニ(胡麻ペースト)やオリーブオイルなどを混ぜています。

コロッケみたいなのがファラフェルです。
ヒヨコマメとハーブなどのコロッケ。

ベジタリアンフードとしても適してますよね。


ピタが破れそうだったのでポケットにはせず、そのまま上にファラフェルを塗って、サラダを敷き、ファラフェルを挟んで・・・
いただきます♪

241.jpg


こういうファラフェルサンドは、レストランでもスタンドでもニューヨークではよくあります。
ブルックリンのアトランティックアベニュー(勝手に、通称;中東通り)のデリのファラフェルサンドがすっごく美味しそうで、温かくなったら食べたいな~と秘かに思っています。


NYの食【中東】 | Comments(2) | Trackback(0)

Yemen Cuisine

2010年01月17日

094.jpg

ブルックリンのYemen Cuisineへ。
年末のテロ未遂事件で騒ぎになったイエメンですが、ここニューヨークのイエメン・キュイジーヌはいたって平和。
女3人で行ってきました。(★友人の写真はこちらをどうぞ!)

前回よりもテントが新しくなっていました。でも外観の怪しさは変わらずだよ。(笑)

093.jpg

このお店はすぐ近くのYemen Cafeよりもっとイエメン色が強そうに思える食堂です。
以前は窓口で注文し、セルフサービスだったのが、今は立派なメニューも出来て注文も取りに来てくれます。


20100.jpg

ラムのスープ どこで飲んでも美味しいスープ♪ レモンをギュっと絞ってさっぱりと。体も温まります。



20102.jpg

Foul 豆のペースト。トマトが入っているせいか、ひよこ豆のペーストのフムスと一味も二味も違います。
フムスよりさっぱり感あり。 デカ~いパンでぬぐって食べます。



080.jpg

Kbdah ラムのレバー炒め。臭みは全くありません。美味しい。




084.jpg

Lamb Chop 5枚で一皿。メイン料理は単品でも、スープやサラダ、地元料理がもう一品付くセットにもできます。
私達はセットにして、Salta(↓)付きを選びました。

イエメンの人たちは手で食べるため、フォークやナイフは出てこない習慣。
スプーンはかろうじてスープについてきました。
私達もそれに習って、ラムチョップは手づかみでかぶりつき! こういう食べ方も美味しいな。



20103.jpg

・メイン料理につくSalta。イエメンの郷土料理。アツアツに仕上げ直してもらいました。




どれも美味しくて満足!
これだけ食べてチップ入れても一人12ドルなのだから驚きです。


わかってはいたけれど、最初から最後まで女性客は私達以外は誰も入ってきませんでした。
中東の雰囲気が漂うアトランティック・アベニューです。


★前回はこちら


Yemen Cuisine 家 145 Court St (bet Atlantic Ave & Pacific St), Brooklyn, NY

---イエメン | Comments(2) | Trackback(0)

Yemen Cafe

2009年11月03日
NYCマラソンの応援のあとは、冷えた体を温めよう!
それならYemen Cafe(イエメン・カフェ)』ラムのスープがピッタリ!

243.jpg

ふわぁ~♪
ほーんと温まります~♪

何度食べてもいつ食べても美味しい絶品スープ!
レモンを絞るスープなんてあんまりないですが、このラムスープとレモンは最強コンビ。(なくても美味しいです。)
骨髄からでるうま味やコラーゲンがしーーーーっかり出てて、ハーブやスパイスもきちんと仕事してます。

このスープ、大きなタンクでお家に欲しいくらいです☆


2009NY2-1.jpg

毎度おなじみのローストラムはホロホロに柔らかくって、こちらも髄の中まですすって食べきります。
大きなパンも好みの味と香ばしさです。

細切れラムと野菜の炒め物。


2009NY1_20091103035743.jpg

地元の女性たち。
女性が集まると、話がはずんで止まらないのはどこの国も同じ♪



239.jpg

右から左へ読んでいくメニュー。
隣のページは英語メニューなのでご安心を!



★あつあつSaltaの写真
★前回はこちら

Yemen Cafe 家 176 Atlantic Ave (btw Court st & Clinton st), Brooklyn

---イエメン | Comments(2) | Trackback(0)

Ariana Afghan Kebab <アフガニスタン>

2009年04月23日

ariana1.jpg

ヘルズキッチンにあるアフガニスタン料理Ariana Afghan Kebab


ariana2.jpg ariana3.jpg

アペタイザーを2種。
Aushak (リークとスパイスの水餃子みたいなものに、ヨーグルトソースがかかってる)
Baudinjan Buranee (なすにヨーグルトやスパイスがかかったもの)

パンはフォカッチャのような、ナンのような。やや平べったい。

ariana4.jpg ariana5.jpg

メインは
Kabuli Palow
ラムの煮込み。ブラウンライスのピラフが上からかかってて、レーズンとピスタチオもパラパラと。
別添えのチリソースをかけると更に美味しい。

ariana7.jpg ariana6.jpg


初めてのアフガニスタン料理だったけど、そんなにクセもなくて食べやすい美味しいお料理でした。

*Wikipediaによると、アフガニスタンの分類は<西アジア>。
同じ西アジアの国、シリア、トルコ、レバノン、イエメン、イスラエルなど、食べたことのあるお料理と似たところもあって、抵抗感なくいただけました。

店名になってるケバブは次回ですね。
人数が多ければ、いろんなお料理が食べられていいかもね~~。

☆写真はこちらでもどうぞ☆

Ariana Afghan Kebab 家 787 Ninth Ave (nr. 52nd St), NYC

http://lighthousenews.us/RESTAURANTS/ariana/index.html

LocationAfghanistan.png
←アフガニスタン・イスラム共和国の場所
  Wikipediaより

---アフガニスタン | Comments(6) | Trackback(0)

Hummus Place

2009年04月04日

907807.jpg


イーストビレッジのHummus Placeのランチです。

ランチセット(2種)とアペタイザーセット(3種)を組み合わせると、小皿料理が5種類出てくるので少人数でも有難い。

フムス、ファラフェル、チーズ、ナス、ビーツの5種。
どれも美味しい。
乳製品以外は野菜ばかりですが、とても満足感があります。

img20090404231559671.jpg

★他のお料理はこちら



109 St. Marks Pl (bet 1st Ave & Ave A), NYC
http://www.hummusplace.com/

---イスラエル | Comments(0) | Trackback(0)

Tripoli

2008年11月09日

img20081109112032059.jpg

中東の人が集まるブルックリン・Atlantic Avenueにある、レバノン料理のTripoliへ。

お気に入り「Yemen Cafe」の少し先です。


img20081109130304244.png
レバノン共和国の位置はここ(ウィキペディアより)
シリアに接している小さな国。首都はベイルート。
めっちゃわかりづらい地図ですが。





img20081109112217630.jpg img20081109112311784.jpg

・レバノンのアペタイザー盛り合わせ
フムスやbabaganouj(茄子のペースト)、チーズ、ファラフェル、オリーブ、赤カブなどが盛られています。
茄子のペースト、美味しいですよね~♪
赤カブなんて、日本のお漬け物と似た味がします。

・Kifta Mishwiye
ラム挽肉をソーセージ型にして、炭火焼にしています。




img20081109112345080.jpg img20081109112242904.jpg

・Kibbee Mishwiye
ラムとナッツ、オニオンを混ぜて揚げています。
コロッケみたいな、肉団子みたいな、、感じです。




img20081109112946214.jpg img20081109113003790.jpg

デザートのミルクプリン
牛乳じゃなく、ココナッツミルクを使ったプリン。
食感はプリンというよりミルク寒天みたい。
プリンそのものはあまり甘くなく、周りにたっぷりかかった蜂蜜で好きな甘さに調節しながら食べます。

カボチャを使ったスペシャルデザートがあったのです、お店の人が「甘いよ」と言ったんでやめました。
だって中東の人が言う「甘い」は、日本人にしてみれば「激甘」だもんね!

レバノンコーヒーは、トルココーヒーみたいにカップの底に粉が溜まるものでした。
占い、できるのかな。


img20081109113441830.jpg
今月末に東京へ本帰国する友達も、面白い体験だったらいいな~。
日本じゃなかなかディープな中東料理なんて食べられないもんね。



156 Atlantic Ave, Brooklyn (@ Clinton St)
http://www.tripolirestaurant.com/


+++++

この後、Duckさんが買った中東ベーカリーの面白いデザートを、味見させてもらったのでした!

---レバノン | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。