スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Boston 2日目

2010年11月29日

033_20101128003032.jpg
(↑)コロンバスサークルのタイムワーナーセンターの星に似てる!


翌日はブラックフライデー
軽く朝ごはんを食べたあと、ホテル直結のプルデンシャル・センターにあるショピングモールを散策。

ここでのセールは夜中からではなく、朝7時が一番早い開店だったようです。

モールにはたくさんのお店やデパートが入ってたけど、ほとんどがニューヨークにもあるものと同じかな。

特に目新しいものも、欲しいものも無かったので見ていただけですが、とっても空いていたのでぷらぷら歩きながらみるには快適でした。


082.jpg

お昼前までのんびり過ごし、チェックアウト後はバックベイからボストンコモン→ダウンタウン→ファニュエルホールあたりを歩いてまわって。




38_20101128003018.jpg

ランチは、どこかのアイリッシュパブへ。
ニューイングランド・クラムチャウダー、
ロブスターロール、
フィッシュ&チップス


濃厚なクラムチャウダーと、たっぷりのロブスターの肉がぎっしりのロブスターロール♪
(フィッシュアンドチップスは普通だった)
美味しいね~♪♪と、美味しくいただいていたら、残念な事に邪魔される出来事が起こりました。


後から入ってきたお客さんが、私たちのテーブルの脇を通ったときに、彼の荷物がドリンクのグラスにあたり、倒れた!

テーブルから、お料理から、何から何までダイエットコークがぶちまけられ、ロブスターロールがダイエットコーク浸しになったという見たくもない画が目の前に。(涙)

・・・・・1000歩譲って、「起こり得ること」と許そう。せっかくの旅行中なのだし。

と思っていたのに、
呆れることに、その人は謝ることなく私たちの後ろのテーブルに座ってしらんぷり。下を向いたまま。
珍しく怒った夫が文句を言ってみても、シラ~~~~。

まあいい。
周りのテーブルの人たちからも軽蔑の眼差しを浴びせられ、彼はきっと恥ずかしい思いをしていたはず。


それに比べてお店の人は偉いよね、
「ごめんなさい、服は大丈夫? すぐに新しいロブスターロールとドリンクを持ってきます。」
といってすばやく対応してくれました。

お店の人たちの気持ちのいいサービスに免じてこの出来事を忘れる事に。
チップ上乗せだ~☆


100_20101129013438.jpg

食後、地下鉄に乗ってさらにあっちこっち巡り、そうこうしているうちに帰りのフライトの時間が迫ってきました。



NYに来てから過去4回のサンクスギビングデーは、家でターキーを焼くこともせず、普段の休日と変わらない過ごし方をしていましたが、ボストンにも、私たち同様「なんにもしないサンクスギビング」を過ごした人たちが結構たくさんいるんだな~ということが判明。(笑)

気の向くままに過ごしたボストンでの祝日でした。

スポンサーサイト
2010秋・ボストン | Comments(2) | Trackback(0)

サンクスギビングデーはBostonで

2010年11月29日

860.jpg

サンクスギビングの朝から、一泊でボストンへ行くことになりました。

この日は、観光客の多いニューヨークでさえお店が閉まるところも多いのに、ボストンで何をするんだって?
何もしません。
ただただシーフードを食べてのんびりするだけです。


移動はJFKから35分のフライト、使ったのは客席100もないくらいのアメリカン・イーグル。
(なぜか帰りは1時間半)

帰省する人や旅行者などアメリカ中で大移動があるかと思い、空港の混雑を見込んで早めに行ったのですが、あららら、空港はガラガラ。

当日には移動しないもんなのかもね~~。

74.jpg

ボストン訪問は2回目、前回も冬でした。年末だったな。

それにしてもボストン寒いよ~っ。
ニューヨークからだいぶ北だもんね。しっかり防寒対策してきてよかった。



923.jpg

街では、エンジンで動いていたバスが途中からトロリーバスに切り替わったり、水陸両用バスをよく見かけたり、ボストンって進んでるなぁ~と思った記憶が新しい。

静かだし、地下鉄は綺麗だし、街並みの雰囲気は良いし。
騒がしいニューヨークに慣れてしまったので、ボストンの様々なものに感動してしまいます☆



8203.jpg

宿泊したホテルはプルデンシャル・センターすぐのSheraton、窓からはバックベイの煉瓦色の建物が見えます。

いい眺めだ☆



920_20101128003017.jpg

さあ、サンクスギビングのご馳走は・・・予定通りシーフード三昧で♪

行きたかったレストランは閉まっていたため、ホテル近くのBoylston Street沿いシーフードレストランで、
ローオイスター
オイスター・ロックフェラー
ロブスターサラダ
スチームド・ロブスター(3LB)


牡蠣もロブスターもとーっても新鮮!

前回のボストンで食べたシーフードは「マンハッタンで食べるシーフードと変わらない」という印象だったんだけど、今回食べてみて違いを感じました。
新鮮、美味しい! やはり海が近いだけありますね!

スチームド・ロブスター、3パウンドは大きいかな?と思ったけど、全然ペロッといっちゃったよ。

そして、予想していた価格より1~2割ほど安い!! これはボストンでの食事全てで思った。
(きっとマンハッタンのレストランの値段や、税金も高いからだよね。。。)

美味しいし、ちょっと得した気分。
大満足のサンクスギビングディナーでした♪


057_20101128011005.jpg

早めのディナーを終えたあと、ドリンク類を買いにスーパーかグローサリー探しです。

この日のホテルのショップは夕方で閉まるし、部屋にミニバーもないので。

サンクスギビング(は日本のお正月みたいな雰囲気)にもかかわらず、開いている貴重なお店をいくつか発見。
でも不思議なことに、どのお店にもビールでさえ無いのです。不思議です。
 
マサチューセッツでは祝日にアルコール類を売ってはいけないのか?
それとも私たちが泊まっていた場所にたまたまアルコールを扱うお店がなかっただけ?
(どなたかボストン在住の方、教えてください。謎を解きたいだけですので。)

仕方なく水だけ買ってホテルへ。
バーで、ボストン地ビールのサミュエル・アダムスで喉を潤おしました。



055_20101128011006.jpg

バーも早めに閉店されるというので、そろそろお部屋へ。

アメニティの一つ、スターバックスのコーヒー。
こんなわけで、このスタバコーヒーがとってもとっても助けになったのです。


*****2日めに続く*****




★前回のボストン旅行


2010秋・ボストン | Comments(4) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。