スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

B&B Empireのモントリオール・ベーグル

2011年07月31日

2011_20110731094324.jpg

Mile End以来、モントリオール・ベーグルにハマりつつある私。


今回は、ブルックリンにお住まいの友人から得た情報をもとに、新しくオープンしたモントリオール・ベーグル専門店のB&B Empireへ行ってきました。




1051.jpg

ベーグル、ちゃんと買えたよ~~~!

・・・と言うのも、その友人がオープン直後に行ったら
「ベーグル屋なのにベーグルが一つもなかった」らしいのです。

売り切れだったのかな?

今回はとりあえず味見として、ポピーとシナモンレーズンを買ってみました。
価格はニューヨークスタイルより高め、一つ1.5ドルです。



1053.jpg


私の後にお客さんが並んでなかったので、なにげにお店の人に聞いてみました。

「ニューヨーク・スタイルとモントリオール・スタイルではどう違うの?」と。

モントリオール・スタイル・ベーグルは、

・塩を入れない
・ハニーウォーターを使うので微妙に甘みがある
・穴が大きめになるよう生地を巻く
・自然の原料を使う
・小さめ
・直火で焼く


なんだとか。

モントリオールにもユダヤ移民が多く、ニューヨークと違ったベーグル文化が発展していったようです。




1055.jpg

「ふむふむ・・・」と興味深く聞いていたから【ベーグル好き】だというのが伝わったのか、
「工場を見ない?」と、思いがけない言葉をかけてくれました。

まあなんてこと!!! 

喜んでついていきました♪


ほんとだ~、ピザ釜のようなちゃんとした釜! 

火は薪で焚かれ、ちょうどベーグルが焼かれていました。

あつかましいついでに写真をとってもいいか?とダメもとで聞くと、
「もちろん!」ということで、2~3枚撮らせていただきました!!!



1056.jpg

職人さんもニコニコしていて、部外者が入っているのにイヤな顔一つしないの。
それどころか手まで振ってくれて。
サービス精神旺盛です。






1058.jpg

何も挟まずにそのまま食べたお味は、ベーグルとプレッツェルの間みたい、というとわかりやすいかな。

なにより、直火焼きしているので表面が香ばしいです。

確かに、自然な甘みが感じられます。ハニーウォーターを使っているためだね。
(っていうけど、ハニーウォーターって何だろう? 蜂蜜入りのお水?)

優しい味、体にいい気がする。
塩味が少ないので、スモークサーモンやクリームチーズを挟むと美味しいのは確実ですよね。

Mile Endのベーグルもこんなんに近かったな。
(『Mile End』ではSt Viateurというお店のベーグルを、モントリオールから仕入れているようです。)


お店の人も親切だし、お気に入りのお店になっちゃった!!

NYスタイルももちろん好きだけど、モントリオール・ベーグルもファンになっただよぉ~♪♪
ここなら毎日その場で焼いているし、出来立てが食べられるぞ!


深いな~、ベーグル!

ベーグル一覧



B&B Empire Bistro 200 Clinton St (bet State St & Atlantic Ave), Brooklyn
http://www.bandbempire.com/




スポンサーサイト
NYのベーグル+パン | Comments(14) | Trackback(0)

Havana Alma de Cuba

2011年07月29日

1028.jpg

ここはウエスト・ビレッジ、Christopher St駅前。

コロナビールの看板に「ゴクッ」と喉が鳴るよ~~~。






1045_20110729033056.jpg

暑いときは暑い国のお料理を食べよう!ってことで、訪問したのはキューバ料理のお店Havana alma de Cuba

よく歩く道なのに、こんなお店があったことに全く気付いてなかったです。



011_20110729033057.jpg

キューバンレストランなので、期待してモヒート。
他はキューバに近いメキシコや、ドミニカ共和国のビール。



20112_20110729033057.jpg

ポークのタマル。

タマル(タマレ、タマレス)は、とうもろこしを挽いた粉を練って、それに具を包み、とうもろこしの葉っぱに包んで蒸したもの。
中米の代表的なお料理です。

メキシコで食べたタマレ(タマレス)は、ねっちょりし過ぎであんまり味もなく好きにならなかったの。
調理法は地方で変わるのもしれませんね。

このお店のタマルは美味しと思った。

一個まるまる食べるとお腹にどっしりくるので、少しの量で十分です。



0113_20110729033057.jpg


クラシック・キューバンサンド

ハム、チーズ、ピクルスをパンにはさみ、ギューっとプレスしたサンドウィッチ。
美味しい。
こんなシンプルなサンドは好き!

一緒だった友人曰く、マイアミで食べるキューバンサンドは本当にペッタンコなのだそう。

プランテーンのチップが付きます。
サクサクで手が止まらない。

黒いのはスープ。スープというより黒豆の煮込み(甘くないよ)。




1037.jpg


細く裂いたスカートステーキが、Yuccaポテトのチップでできたカップに詰められています。
一番下はYuccaのマッシュ。

Yuccaは中南米で作られるお芋。ジャガイモみたいだけど、そこまでほっくりしてないの。

こちらも美味しいお料理でした。




1029.jpg

時間がまだあったので、コーヒーをいただきました。

キューバ、なかなか美味しかった♪



Havana alma de Cuba 94 Christopher St (bet Bleecker & Bedford St), NYC
http://havanavillagenyc.com/media/havana.html







---キューバ | Comments(2) | Trackback(0)

牛筋カレー

2011年07月27日

4999.jpg


カレー担当の夫が今回作ったのは牛すじカレー

牛すじは「Beef Tendon」として、チャイナタウンなどで売っています。
うちはチャイナの『徳昌』で買いました。
パウンド3.5ドルくらいだったかな、まあそんな辺り。


おでんの牛すじ、牛すじ煮込み(どて焼きっていうのかな)、牛すじ入りお好み焼き・・・などなど、
いずれの牛すじ料理も食べた事がありません、私。
(昔はお肉全般が嫌いだったので。)

でも今ならきっと食べられるはず。
なんたってあのとろとろした牛すじを見て、「美味しそう」と思えるからね。

いずれどて焼きでも挑戦しようと考えているので、その時のために牛すじの下ごしらえは私が担当しました!


11_20110727075917.jpg【下ごしらえ】

牛すじを洗って、下茹でをします。(約15分くらい)
   ↓
   ↓
   ↓
こんなに縮みました。
でもまだ硬くてカットできません。
一度綺麗に洗って、再びお水とお酒で煮ます。
(分量は適当)
   ↓
   ↓
   ↓
煮ること6時間。
ぷるんぷるんに柔らかくなりました。
このときの茹で汁は、いい出汁がでているので後で使います。
   ↓
   ↓
   ↓
この状態で串にさしておでんに入れるんだねー。





こっからは夫にバトンタッチ!


20111_20110727075917.jpg
牛すじを一口大にカットしてた。


野菜いっぱいといろんなスパイスを炒めて、ジュージューいわせてた。

野菜は毎度の如く、冷蔵庫の掃除も兼ねて具たくさん。
ジャガイモ、にんじん、たまねぎ、セロリ、ラディッシュ、しいたけ、オクラ・・・あ、普通の牛肉も追加で入れてた。



和風な、でも辛い牛すじカレーの完成!

トロトロになった牛すじ、美味しい~!!!

二日目なんてもっと美味しかったな。



今度は、私が新世界の味「どて焼き」に挑戦してみるぞ!!

(・・・と鼻息荒く、だけど食べた事ないから本物の味知らんって。)



NYでおうちごはん | Comments(2) | Trackback(0)

Tocqueville

2011年07月24日

1003.jpg


評判のよいTocquevilleは、レストランウィークでも好印象でした!

フレンチ・アメリカンのお料理なのだそう。
ワインとペアリングしました。




1006.jpg

パン2種、どちらも美味しいのです。
これはお料理も期待できる♪


前菜のワイン。
すっきり辛口。
選んだ前菜はどんな風に出てくるんだろうと、この時点でわくわくさせてくれる♪

1007-1.jpg


1010.jpg


1013.jpg

Chilled Spring Pea Soup
真ん中の白いのはチーズをパンナコッタ風に仕上げたもの。
青々しい香りが爽やか~。
Green and White Asparagus
トリュフのドレッシング、香りがいい~♪
そして黒トリュフが2スライス乗っています。






0113_20110724224822.jpg

メインは旬のアレ!
Crispy Soft Shell Crab
食べたかった~、ソフトシェルクラブ。
(以前お家で作ってから、油跳ねがすごくて使うのが嫌になったんで。。。)
今年お初です!

柔らかいクラブの殻にカリカリの衣をまぶしつけてあり、とっても香ばしい。
シンプルにそのままでも美味しいし、添えているマスタード風のソースにもぴったりでした。

ソフトシェルクラブを引立たせるような、控えめな感じのワインはロゼ。





1019.jpg


1022.jpg


1025.jpg

リコッタムースにはアイスワイン。
ビターチョコレート・ミルフィーユ
上質チョコレートデザートに負けない存在感あるしっかりしたデザートワイン。

どのお料理もとても美味しかった。
レストランウィークでも手を抜かないところがいいですね。
とっても気に入りました!

ごちそうさまでした♪




1026.jpg



Tocqueville 1 E 15th St (bet 5th Ave & Union Square West), NYC
http://tocquevillerestaurant.com/



---フランス | Comments(4) | Trackback(0)

マチスとアレックス

2011年07月24日

94.jpg


ある日の午後、ミュージアムの特別展のハシゴのため、アッパーイーストへ。

まずはジューイッシュ・ミュージアム、ボルティモアで成功したユダヤ人、コーン姉妹のコレクションを見にです。

マチスをはじめ、ピカソ、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌなどもありましたが、特にマチスの強いパトロンだったようですね。




0113_20110724004107.jpg

こちらのミュージアムショップで、子供用のマチスの本を購入。

マチスの絵に大きめの英語がついて、ちょっと絵本のようでしょ♪
こういうのが見つかるのは、本屋さんでなく併設のミュージアムショップですね。

ミュージアムショップに置いているものはミュージアムによって違うので、行った度にショップも立ち寄ってみると楽しいですよ~。

このミュージアムには何度か来ているので、常設展示物はパス。
(★以前のジューイッシュ・ミュージアムの記事




続いて10ブロック南へ、メトロポリタン美術館へ。

お目当てはただ一つ、アレクサンダー・マックィーンです。

23_20110724004108.jpg
(↑この写真はHPからお借りしました)



彼が首を吊って亡くなったのはまだそう遠い日のことではなく、多くの人が関心を寄せているのですね、ギャラリーに入るまでかなりの時間並びました。
午後4時すぎから並び始め、30分以上はあったかな?


なんて独特で強い個性なんだろう!
豪華だし、曲線がとっても美しいし、素材が面白いし、驚きと圧倒されっぱなし。

小林幸子もびっくり☆クラゲみたいに輝くドレスや、生花を使ったドレス、着物から連想したであろうドレスとかもあったわ。

そりゃ~、ガガが好みそうなのも納得!

衣装の形をしたアートだ、これは。

もったいないね、こんな面白いデザイナーがいなくなったなんて。


私たちが帰る頃には、特別展の行列はグンと減っていました。
もしかして朝一で行くより、閉館前30分に駆け込むのがよかったりして!?

アレクサンダー・マックィーンの特別展は8月7日まで。
ニューヨークにいる人はチャンスです!

(★前記事の2011年のルーフカーデンの様子




The Jewish Museum 1109 Fifth Ave (@92nd St), NYC
http://www.thejewishmuseum.org/index.php

Metropolitan Museum of Art 1000 Fifth Ave (@82nd St), NYC
http://www.metmuseum.org/home.asp



NYの見どころ | Comments(2) | Trackback(0)

熱波の中、Kalustyan'sで

2011年07月23日

032_20110723081052.jpg

熱波のため、ニューヨークもここんとこ猛暑日が続いています。


モーニングニュースは各おうちで好みのチャンネルがあるでしょうが、
うちはチャンネル7、ABCを見ています。



1030.jpg


Bill Evansが言ってた。
「今日はニューヨーク100度やで! 暑いで! 気ぃつけ~や。」と。
(もちろんそうは言ってないけど、そう感じる。)

華氏100度は、摂氏38~39度くらい。

でも100という数字が怖さを与える。





そんな日をわざわざ選ばなくても、と言いたくなるような、どんぴしゃに外せない用がありました。

それは定期健診


キャンセルしたらまた何ヶ月か後になっちゃうからね~。


1043.jpg

検査のあと、インド人街にあるインド食材&スパイス屋さんKalustyan'sへ。

2階へ上がり、紅茶の棚へ。(けっこう色々種類があるのです。)




1042.jpg


タジン鍋も。
可愛いから欲しいなと思ったりするけど、家では使わないだろうなぁ。



1036.jpg

名物おじさんのいるデリコーナーで、ファラフェルサンドを注文。

ファラフェルは中東デリの方が好みの味だけど、こっちも悪くないです。



続々とやってくるお客さん、みんな常連さんやね、

「2ベジタリアン・アイテムを。え~と、今日はオリーブはいらないわ。ピクルスだけ。」

とか、
「コンボで、ホットソースもつけて。サラダとスピナッチ1スクープ。」
とか、
好みのソースやサイドがあるみたいで、注文が滑らかに進んでいきました。




1044.jpg

クイーンズのインドスーパーまでとはいかないけど、マンハッタンの中ではスパイスやインド食材が結構揃っていて楽しいです。


でも、実は・・・、



1045.jpg

同じものがお隣のお店にも置いてあって、こっちの方が安いんです。笑

Kalustyan's 123 Lexington Ave (28 & 29th St), NYC
http://www.kalustyans.com/aboutus.asp



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ニューヨークの地下鉄駅ホームの蒸し暑さ(冷房が無い)や、
地下鉄Local線がアナウンス一本でいきなりExpress線に変わることや、
病院に早く着いても予約時間通りに始まらない長~い待ち時間などなど、

そんなこともすっかり慣れてしまった私。

「あ~、またか~。しゃーないなぁ。」と思うくらい。

住み始めたころは、毎日イライラして無駄に怒っていたような気がする。

私も変わったな~。笑




NYの台所 | Comments(6) | Trackback(0)

Ça Va Brasserie by Todd English

2011年07月22日

975.jpg


プラザ・フード・ホールを手掛けたことで覚えたイケメンシェフ、Todd EnglishのレストランÇa Va Brasserieへ。

44丁目の「インターコンチネンタル・タイムズスクエア」の1階。

(インターコンチがこんなところにもあったとは知らなかった!)

ホテルのメインダイニングらしいのですが、観光客がたくさん集まる劇場街に建っているので、気負うことなく入れました。
結構カジュアル。


981.jpg

パンは各テーブルに、温かいミニバゲットがこんな形でやってきます。

レストランのお隣にTodd Englishの「マルシェ」があり、そこで焼いているみたい。

(美味しくてパンの進みも速く、メインの前にお代わりをもらっちゃった。)


お料理はレストランウィークメニューをいただきました。



980_20110721081543.jpg

クラシック・ロブスタービスク、ロブスターサンド添え

ものすごい濃厚!!
クリームで濃厚というわけでなく、ロブスターの味噌やら旨みやらいっぱい感じて、
今まで食べたロブスタービスクの中で、いちばん濃縮!濃厚!なもの。




979.jpg

アーティチョークと野菜のタルト

白いのはゴートチーズ。
タルトの中にラタトゥイユみたいな野菜トマト煮が入ってて、それがね~、とっても懐かしい味がしたの。
給食で食べた魚のトマト煮を思い出した。
(↑)給食という例えがよくないね。でも、このお料理は美味しかったです。





982_20110721081543.jpg

グリルド・オクトパス

珍しいね、タコの足がフレンチに出てくるなんて。 
私はタコが大好きなので、こんな面白いメニューは大歓迎!

お豆のリゾットの上に、レモン風味の柔らか~いタコグリルが乗っていました。





984.jpg

Poule(若鶏らしい)グリル

お行儀悪く、一切れお味見させてもらい・・・
皮がパリっとして、身はすんごい柔らかくて、しっかりお肉の味してました。

スイカのピクルス入りサラダが添えられて。



986.jpg

ブルーベリー・レモン・チーズケーキ


988.jpg

シナモン・クレームブリュレ


美味しかった~。

ありふれた食材、ありふれたメニューでないのが気に入って選んだお店でしたが、期待通りなかなか当たりのお料理でした。
(サービスは普通。)

場所も便利だし、マルシェではサンドやサラダなど簡単な食事もできるので使えそう。



Ça Va 310 W 44th St (bet 8 & 9th Ave), NYC
http://www.cavatoddenglish.com/




---フランス | Comments(6) | Trackback(0)

この夏最初のバーベキュー♪

2011年07月21日

891_20110721083850.jpg


ロングアイランドにお住まいのご家族にご招待いただき、バーベキューを楽しんできました♪





1_20110721083850.jpg

お肉は柔らかく美味しいハラミ。
アメリカではスカートステーキ。
お肉屋さんでは、切らずに一本が長~い形状で売られています。

男性たちが火の番。

女性たちは大きな木の下、涼しい木陰に座って食べて喋って飲んで・・・。
楽させてもらいました♪




3_20110721083850.jpg

どんどんいろんなものが焼かれていきます♪

リトルネック、烏賊、ポークソーセージ、手羽先、ペッパー、たまねぎ・・・



2_20110721083850.jpg

「なんでも焼くよ~!」と、

とうもろこし(みずみずしくて美味しい!)、焼きトマト、焼きおにぎり・・・




4_20110721083849.jpg

サラダや、一口サイズの紫蘇おにぎりも登場!

お口直しで、また焼き物が食べられるんだよね。

外で食べる食事って、なんでこんなに美味しいんだろう♪

マンハッタンではなかなか出来ないバーベキュー、アパート暮らしの私たちにとっては、自宅でのバーベキューは憧れです。



928_20110721090323.jpg

お庭のミントの葉っぱを摘んで、たっぷり入れたミント炭酸水。
ゴクゴク飲める。



925.jpg
ブログに使えといわんばかりの逆光写真だよ。



食後はWiiで運動、といってもWiiカラオケ。

カラオケなんて5~6年ぶりだったんで、出ない声がさらに出なかった。
でも楽しかった!


楽しい夏の一日、アレンジして下さってありがとうございました!





NYの衣住 | Comments(2) | Trackback(0)

Socarrat Paella Bar

2011年07月20日

973.jpg

前回行って、好きになったお店Socarrat Paella Barへ、また行っちゃった!

週末、フラットアイアン近くに用があったので、ランチは西へ歩いてここで取りました。


席につくと、お店の人から手渡されたメニューの中に「レストランウィーク・メニュー」が。

「週末ランチなのに、レストランウィークメニューをやってるなんて珍しいねー。
だけど、今日は二人でタパス2つとシーフードパエリャ(for2)を頼もうと決めてるから、このメニューは要らないや!」


と言いつつ、何気にメニューを見てみたら、お目当てのシーフードパエリャがレストランウィークメニューにあるに気付き、結局アラカルトを止めて、お得なプリフィックスでパエリャを注文する事にしました♪




0113.jpg

前菜は、
クリーミーなコロッケにガーリック風味のソースがついたものと、
海老のガーリックオイル

どちらもあつあつ、シンプルなお料理で美味しい。
ガーリックオイルはパンにつけて食べていました!




971.jpg

シーフードパエリャです。
二人で2人前なので多いかなと思ったけど、カリカリのオコゲもしっかりこそげ取って、きれ~いに食べきりました!


家でもカリカリのパエリャを作りたーい。

ヒロコさんのパエリャレシピはあるし、やる気も十分ある。
あとはオープンに入れて焼けるパエリャパンかフライパンが必要なだけ!
買いに行こう。



0114.jpg

スイーツは、チョコレートが入った一口ドーナツと、フラン。

ドーナツの生地はサーターアンダギーの味がする。
溶けたチョコが真ん中に入ってて美味しくいただきました。


お店の人はとってもフレンドリーで、ここ、やっぱり好きだな~。

前回はこちら


Socarrat Paella Bar 259 W 19th St (7 & 8th Ave), NYC
http://socarratpaellabar.com/




---スペイン | Comments(2) | Trackback(0)

Anna Karenina

2011年07月19日

858.jpg


Lincoln Center Festivalで行われたマリンスキーバレエアンナ・カレーニナを観て来ました!

師匠ともいえる友人より、
「マリンスキーバレエの久しぶりのニューヨーク公演なので、観るなら今がいいチャンスだよ!」
とお聞きしており、早々にチケットを取り、以来ずっと楽しみにしていました。


トルストイの「アンナ・カレーニナ」、日本語訳の単行本をお借りして、バレエまでに読み終えてあらすじを頭にたたき込み。。。いざ!!


想像していたクラシックなバレエではなかったですが、舞台では、私が本を読みながら描いていた情景が広がっていました。

とーーっても素敵な舞台でした♪ 

食い入るようにして見ていました。
アンナ綺麗だったなぁ。終わった後も余韻が残ってたよ。

(でもね、本を読んでいなかったら、きっと寝てたかも! だってずっと照明が暗いんだもん。)






41.jpg


ストーリーはめちゃくちゃ早く言えば、19世紀のロシア貴族の不倫の話。

この頃のロシア貴族ってなんて好き勝手に暮らしているんでしょうか、ビックリです。

真面目に働き暮らす貴族もいたようですが、そんなの稀っぽい。

男も女もあっちこっちで不倫は当たり前、夜更けまで遊び呆け、贅沢三昧で借金はあるわ、遊びはやめられないわで首は回らん!!

社交界のお付き合いも大変だあ~。

(本の貸し出し、ありがとうございましたー♪)


リンカーン・センター・フェスティバル



*************************************



なでしこジャパン、やりましたね!!!

優勝の瞬間、感動で泣きそうでした。(いや、泣いた。)

感動をありがとう!



我が家では、サッカーだけは英語放送でなくスペイン語放送で見ています。

サッカーに関して、スペイン語解説の方が盛り上がって楽しいと思っている人は、絶対うちだけじゃないはず!!

(私たちはスペイン語はわかりません。でもあの言語の音がサッカーをより盛り上げてくれる。)






NYのエンターテインメント | Comments(0) | Trackback(0)

本場カザフ家庭料理

2011年07月17日

890_20110717215308.jpg


ロシアと中国などに接する中央アジアの国の一つ、カザフスタン出身の友人宅にお呼ばれ。

故郷カザフ・ダンプリングを御馳走になりました!


お料理が大好きという彼に招待されたのは、ヨーロッパ、南米、アジアの出身者の友人(みんな女性)。

遅れて、ファッションモデルのお姉さんも登場し、総勢6人。
(お姉さん、足長っ!)




891_20110717215307.jpg


あつあつの出来立て。
ふっくら生地の中に、ジューシーで美味しい肉と野菜の餡が入っています。

とっても美味しい! 食べやすい肉まんです。

生地から自家製、2度発酵させて作ったらしい。形も綺麗だ♪

子牛の肉、かぼちゃ、あと何か緑の野菜が入ってた。




2.jpg


デザートは日系のベーカリーで統一。
『Lady M』のミルクレープと、『Takahachi Bakery』のクリームパフとカスタードプリン。

どーだ! 美味しいダンプリンに見合うような美味しいスイーツは、日本のお店ではないかえ?




910.jpg


若くして仕事で成功している彼の住まいは、ミッドタウンど真ん中の近代的なアパートメントビル。

まだ24,25歳そこそこ。

それなのに驕ることなく謙虚で素直で、人柄は温かく、勤勉で、なんと人間ができているのでしょう。
(私も見習わないと!)

そのうえインテリアや料理のセンスもいいときてる。
(これは私には無理だな。)

でもお姉さんと話すときは、まだ子供のように可愛かったけどね。


私ったら、まるでわが弟でも見るように(実際は弟いないけど)、次に現れる彼女はどんな人なんだろうかと、目を細めて楽しみにしてしまうのでした。



********************************

年下の男の子、女の子、年配の素敵な女性などなど、ニューヨークでは年齢や性別に関係なく普通に友達ができる。

これって本当に素晴らしいことですよね。


逆に考えると、私が年寄りになっても楽しい会話が出来る人だといわれるよう、自分の好きな事を取り組み続けたり、社会の流れをフォローし、情報チェックを怠らず様々な話題についていけるよう、努力は継続しなくちゃいけないってことですね!






---カザフスタン | Comments(0) | Trackback(0)

お疲れさま会

2011年07月15日

77_20110715043711.jpg
コレ、最近入ったうちの期待の新人たち!




70.jpg
こっちは先輩たち。

パワーありそうなパフォーマンスで人を惹きつける割に、

どいつもこいつも忍耐力がなく、バタバタとダウンしていくの。

しばらく様子をみていたけれど、
働きが悪いので、交代ですっ!!

気に入ってただけに、残念で仕方がない。






876.jpg
新入りたちは、地に足着けて、落ち着いて仕事をしてくれるでしょう。





807.jpg
ね! こっちもいいでしょ♪

ワイングラスのちょっとしたアクセサリーでした!





20113_20110715043710.jpg

新人アクセサリーがデビューした日は、
日本から来ていた友人ベーグル職人のnao☆さんのお疲れさま会。

これからも美味しいニューヨークスタイル・ベーグルを作ってね♪



nao☆Bagels http://naobagels.com/

ベーグルについての四方山話など、わかりやすく解説されてますよ~♪





NYでおうちごはん | Comments(4) | Trackback(0)

スノボのベンチ

2011年07月14日

758.jpg


タイトルどおり。

スノボで作ったベンチがありました。

けっこう頑丈。

on 14th Street


NYの風景 | Comments(2) | Trackback(0)

芝生に寝っころがる!

2011年07月13日

854.jpg

週末の午後、近くの公園に寝ころがりに行きました。
夏の休日になると、ヨガマットを持ってよく来る場所です。

ニューヨークもここんとこ毎日暑いっ。

うちのアパートは西向き(微妙に南)なので午前中はいいのだけど、午後からは太陽がガンガン照り付けてくるため、家ではクーラー掛けっぱなしにしないと、室内温度が上がり蒸し器状態になる。

熱中症にもなりかねない。

かといって、クーラーの効いた室内にずっといると体が疲れるし、
なんといっても今、日本が大変な状況を考えると、(こっちからは電気は送れないけど)私たちも節電☆を心掛けよう、という気持ちから、お家を出て公園へ。


少しの間、水辺の公園で涼もう。


日向はじりじり暑いけど、湿度が低いので木陰に入るとひんやりします。




848.jpg

ほとんどのニューヨーカーたちは、水着で、しかもで日向で寝ています。


私は、日焼け止め塗って、服を着て、木陰で読書。



とっても静かで、風が気持ちよくて、眠りに落ちるよ~~~♪


ただ、いくら日陰だからといって長時間寝ていると、日焼けするので注意ですね。
ニューヨークの日差しはキツイです。





846_20110713214125.jpg


あ、この日のランチはいつものイタリアンでパスタでした。






NYの衣住 | Comments(0) | Trackback(0)

Porter House New York

2011年07月12日

828.jpg


ステーキハウスPorter Houseの、ポーターハウスステーキf・for2 です。


*ポーターハウスとは: 
ニューヨークストリップ(サーロイン)とテンダーロイン(フィレ)がついたTボーンステーキのこと。
ステーキの王様カットですよね!)







832.jpg

お店の名前についてるくらいだから、ステーキはポーターハウスをいっとかなくちゃ!でしょう。

ミディアムレアでオーダーしましたが、
レアに近いミディアムレア。ミディアムでもいいかもしれない。

鼻に抜けるドライエイジされた肉の独特の旨みと香り。
あ~~!美味しい!!
家での自家製ドライエイジとちょっと違うわ。笑。 家のも美味しいけどね♪)

とっても柔らかいし、ジューシーだし、何より肉の味が濃い。
アミノ酸がいっぱい出てるって感じ。笑

ステーキハウスは男性的な感じがするのだけど、ここはとっても繊細なステーキでした。




830.jpg

STAUBが可愛い、クリームドスピナッチ。

パンはおそらくBouchon Bakeryからでしょうね、美味しかったもん♪



0111_20110712032810.jpg

実は、このお店については酷評が多く、
「高いわりに普通」とか、
「プリフィックスのメインがよくなかった」とか、
「アペタイザーがイマイチ」とか、「サービスが悪い」とか
厳しい意見が多いんだけど、肝心なポーターハウスステーキについてはほとんど書かれてなかったんだよね。





820.jpg

タイムワーナーセンターの4F、東向きのテーブルだとセントラルパークを一望しながら食事ができる。

場所柄か、足元見てる感は否めない一方で、この美味しさならいいか、と思うところも。






836.jpg

私には、とっても美味しくて満足できたステーキでした♪

これに少しでも近いステーキが焼けるよう、頑張るぞ!!
(ドライエイジまでは簡単なんだけど、その先、厚さによって焼き加減がうまくいかないときがあるのです・・・。)



Porter House New York
10 Columbus Circle, 4th Floor, NYC


http://www.porterhousenewyork.com/





---アメリカ | Comments(2) | Trackback(0)

Mile End Delicatessen

2011年07月11日

751.jpg

またまたモントリオール・ベーグルが食べられるジューイッシュデリのMile Endへ行ってきました!

カリっと香ばしくムチっと弾力ある、存在感いっぱいのニューヨークスタイルのベーグルはもちろん今でも大好物ですが、上品なモントリオールベーグルの魅力に獲りつかれぎみに!!



1_20110711084055.jpg

モントリオールのベーグルは小ぶりながら、ちゃんとしたベーグルです。

ここのLoxがまた新鮮で味付けも美味しいの。
そんでまた、ベーグルのトーストが香ばしくって。

なんかね~、ベーグルがこの美味しいLoxや野菜などを生かす仕事をしているみたいなのね。

あっぱれや、名脇役!

なにはともあれ、The Beautyお勧めです♪


★前回のMile Endはこちら



44_20110711084055.jpg


【注意】ベーグルは12時までの朝食メニューになってます。
この店には私は毎度午前中に行ってるので、午後になるとベーグルサンドが無くなるのかは不明です。
(たまに午後でもブレックファーストも出すところがあるからねー。)




753.jpg


Mile End 97A Hoyt Street, brooklyn (btwn Atlantic Ave & Pacific St)
http://www.mileendbrooklyn.com/




NYのベーグル+パン | Comments(0) | Trackback(0)

ハイラインのビアガーデン

2011年07月10日

4.jpg

日本から遊びに来ている友人と一緒に、空中公園のハイラインを散策。

以前も一緒に歩いたのですが、先日セクションⅡが30丁目までオープンしたので、再びミートパッキングから北上してみました。




1_20110710054054.jpg

信号もない空中を通る公園。
ミートパッキングから30丁目までなんて、スイスイ歩けちゃうね~。




17_20110710053126.jpg

もと高架の線路だったハイライン。

この高さから見る景色は地上とは違った趣です。

たくさんの野の花や植物が植えられ、手入れも行き届いています。




19_20110710053337.jpg

現在の終点の30丁目で地上に降りると、
ご褒美の如くビアガーデンThe Lot on Tapがあります。

この日はとっても蒸し暑い日で、ここでビールを我慢することなんて出来な~い!




18_20110710053125.jpg

まずチケットを買い、カウンターでビールと引き換えるシステム。

手首にこんなのが巻かれます。




16_20110710053539.jpg


薄い色はNYの地ビール、Brooklyn High Line Elevated Wheat
スモーキーな風味、でもあっさりして飲みやすい。

濃い色はPAの地ビール。
注いでくれたお兄さんのお勧めなんだとか。

ぷはぁ~~~! 乾いた喉に沁みる♪ たまらん美味しさ♪




13_20110710060611.jpg

フードトラックも幾つか入っていました。

NYもビアガーデンやルーフトップバーが次々にオープンし、夏の楽しみが一段と増してきましたね♪

短い夏だもん、思いっきり夏を体感しなくちゃ!



2009年オープンのハイライン

The High Line http://www.thehighline.org/





NYのカフェ+スイーツ+バー | Comments(4) | Trackback(0)

牛若丸

2011年07月07日
617_20110707021719.jpgソーホー周辺をぶらついた後、夕方にお寿司屋さんの牛若丸へ。

予約もなしに飛び込みだったのですが、開店6時入りしたのでなんとかテーブル席に座れました。

カウンターは全て、テーブルも8割方予約で埋まっていました。




201_20110707021407.jpg

蛸わさ梅たたきのつまみのあと、握りおまかせ、とりあえず8貫を。

ネタは石鯛、中トロ、車海老、シマアジ、平目、ウニ、イクラ、蒸アナゴ・・・など。

小ぶりでふんわりしたシャリ、食べやすい。
ゆっくり食べているつもりなのに、ぱくぱくいっちゃう。盛り合わせにしているせいか。


あと5貫追加。
コハダ、マグロ炙り、鯛昆布〆・・・。

細巻き1本とお吸い物。

美味しかった。



でもお寿司はカウンターでいただかないとね~。

次回は行き当たりばったりじゃなく、予約を取っていくことにしまーす。


牛若丸 Ushiwakamaru
136 West Houston St (bet Sullivan & MacDougal St), NYC




---日本 | Comments(0) | Trackback(0)

ロウワーマンハッタンから★Macy's の花火

2011年07月06日

662.jpg

昨日、7月4日はアメリカ独立記念日。

午後9時前、日が暮れた後の空。綺麗です。

実は私たち、July 4th恒例の メイシーズの打ち上げ花火を一度も生で見たことがないのです。

一回でいいから見たいな~・・・と、ダメもとで急遽ハドソン川の歩道まで出てみました。

なんでダメもとかというと、
メイシーズ公式サイトには親切にも「花火が見えない地域」というのが記されてあり、私たちの住まいがあるロウワーマンハッタンのウエストサイドがモロに含まれていたから。



664.jpg

見えない地域だといわれているわりに、案外人がいるじゃない。

もしかして見える!?と淡い期待。


おっ!始まった!始まった!!


707_20110706044141.jpg

わーい! 見えたのだー!!

(遊歩道の明かりが邪魔・・・)


709.jpg

残念ながら仕掛けまではわからなかったけど、見えたことは見えた!

間近はすごい迫力だったろうな。


初めてのメイシーズの花火、感動モノでした♪♪
テレビの映像も何度も観ちゃいました。

公式サイトには綺麗な写真があります~。


++++++++++++++++++++++++++


昨年のJuly4thは、東京の姉たちと一緒に家でパーティーしたんだよなぁ。
あれからもう一年。
早すぎっ。。。







NYの見どころ | Comments(0) | Trackback(0)

Socarrat Paella Bar

2011年07月04日

630_20110704221101.jpg

チェルシーのスパニッシュバーSocarrat Paella Barへ、ここではカリっと焼き上げたパエリャが食べられるという。

うなぎの寝床風のお店に、長いテーブルがあります。
動物的直感でなんか良さげな匂い。

パエリャは6種類、初めての訪問なので店の名前がついた「Socarrat」を注文。
山と海のものが入ったスタンダードなもの。

NYでは珍しく、パエリャ風のパスタの「フィデウア(Fideua)」もメニューにありました。




011_20110704221059.jpg

ガスパチョ、野菜にマンチェゴチーズを乗せて焼いたもの、パンコントマテやらをつまみながら、パエリャが焼きあがるのを待ちます。


約30分後、登場したパエリャ♪

クリスピ~♪で美味しいです。

ニューヨークのスパニッシュレストランやバーでは、炊き込みご飯系のパエリャが多く、それはそれでもちろん美味しいのだけど、焼き上げられてオコゲができたパエリャは香ばしく、より一層美味しく食べられる♪

大満足☆

リピート確実です!



632_20110704221101.jpg



Socarrat Paella Bar 259 W 19th St (7 & 8th Ave), NYC
ノリータにもあるようです。

http://socarratpaellabar.com/


---スペイン | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。