スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

パン・コン・トマテ

2009年10月28日

2009NY_20091028222554.jpg


また食べたくなったパン・コン・トマテを作りました。
(バルセロ~ナの美味しかった食事の余韻が、未だに残ってるのです!)

バゲットでもいいのですが、バルでの一品を再現しようと思って、今回はBalthazarプルマンを使いました。



1.トーストしたパンに、にんにくをたっぷり擦りつけます。
2.エキストラ・バージン・オリーブオイルをたっぷりかけます。
(私はシリコンのハケで隅々までつけました。便利です♪)
3.熟した生トマトをこれまたたっぷり摺りつけます。
   以上!


あらら、とっても簡単。ガーリックトーストに一手間加えるだけでした!
(いろんな作り方があるみたいだけど、一番簡単な方法。)

にんにくも、オリーブオイルも、トマトもた~っぷりとがミソです!
ジュクジュクのトマトで手が汚れるけど、気にせず豪快にね☆

生トマトを使うので、口当たりが爽やかになって、とっても美味しいです。

塩気が欲しい人は、塩コショウを。
私はそのままか、スペインから買って帰ったハモンセラーノ、アンチョビ(最適!)、サラダなんかを乗っけて食べました。

本当は朝食にしたいと思うくらいだけど、なんせにんにくたっぷりなんで、平日の朝食にはアカンよね。。。
おつまみにもグーな、美味しいパン・コン・トマテでした♪満足。

関連記事
NYでおうちごはん | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
No title
こんにちは。
私はにんにく大好きです。
お伺いしたいのは、このパンのつくり方で、1と2の順番は逆になると駄目ですか?
また、生トマトはどのようにすりつけたらいいか、コツなどありましたら、お時間がありますときに教えて下さい。
いつもとても参考になっています。
No title
とっても美味しそうで読んでるだけでよだれが。。。ジュルっ(笑)
あぁ、ワインと一緒に食べたい♪
参考にさせていただいてぜひ作ってみたいと思います!
こちらだとBeef Steak tomatoやHeirloomやPlumなどいろいろ種類があっていつも悩んでしまいます^^;
私なかなか美味しいトマトに出会えないのですが、
ゆずれもんさんはどんな種類のトマト使われましたか?
教えていただけるとうれしいです。
◆まいこさんへ
1~3の順番が変わっても大丈夫だと思いますよ。
でも先にオイルをつけたら滑りやすくなって、にんにくを擦り付け難いと思うんですが。
生トマトのするコツ・・・うーん、特にないです。。。
ただただ豪快に!です。
◆じまこさんへ
こんにちは♪
とっても簡単で美味しいのでぜひやってみてくださ~い!

そうそう、トマトですが、こちらのはスペインやイタリアのトマトと違って甘さが少ないですよね。
家に、プラムトマトとビーフステーキトマトがあったので、それらでやってみました。
プラムトマトは種が少ないし、ちょっと硬いので付けにくく、最終的におろし金を使いました。
ステーキトマトは大丈夫でした!
(中身だけ擦り付けたら大丈夫です。最後は皮だけ残ります。)
甘そうなトマトが一番いいでしょうが、熟したトマトだったら何でもよさそうかな~、なんて勝手に思ってます。

ワインにも合いますよ~♪
No title
ありがとうございます。
なるほど!!すべりごごちですね!トマト豪快に、この週末やってみます!!!
にんにくは週末ってかんじしませんか?
◆まいこさんへ
週末には心置きなくにんにく料理が作れます&食べれますよね♪
機会があれば、パン・コン・トマテ、どうぞ作ってみてくださいね。
No title
こんばんは~♪
詳しく説明していただきありがとうございました^^
↑やっぱり週末じゃないとニンニクたっぷり(特に生)は食べられないですよね。
あ~待ち遠しい!
白アンチョビやハムも買ってきてワイン片手に作ってみたいと思います☆
◆じまこさんへ
お料理上手なじまこさんなら、チョチョイと綺麗にお洒落に出来そうです!
アンチョビとの組み合わせは抜群☆なので、ぜひワインと味わってみてくださいね♪
(と、絶賛しておきながら、お口に合わなかったらどうしよう・・・。汗)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。