スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

昼のMET&夜のMETオペラ

2009年11月21日

24461.jpg


メトロポリタン美術館(通称MET)へ。
2439.jpg
現在行われている特別展の一つアート オブ サムライを見てきました。

鎌倉~戦国~江戸時代までの刀や甲冑などが展示されていて、国宝が30点以上もあるみたいです。

展示されている空間は、ピリっと研ぎ澄まされる感じ。日本独特の空気。
「清い」という言葉が合うみたいな。。。
日本の歴史の名品を、海を渡ったNYで見てるなんて不思議。

昔は武器であった刀が、今では美術工芸、骨董品として扱われているんだけど、それもわかる。だってすごく美しいんだもん。
鋭く光った刃には作った人と武士の魂が込められているみたいで、ちょっとゾクっとしたり。
刀のケース(名前知らない)の豪華で細やかな刺繍が美しくって見とれてしまいました。


偉い身分の人の兜や鎧はすごく派手で、とても重そう。
あんなん着てたら動けないやろうに・・・と思ってしまいます。
(立派なのを身につける人は、実際に戦で動き回ることは少ないだろうケドさ。)


サムライについては、私よりも先生(アメリカ人女性)の方が絶賛&興奮されていました。

2441.jpg
METのお花はいつも素敵


★今年の夏のルーフガーデン
http://www.metmuseum.org/home.asp




そして夜はリンカーンセンターへ。メトロポリタン(MET)オペラで、昼と夜で”MET”続きです。
2433.jpg
ベルリオーズの「La Damnation de Faust」(ファウストの功罪)

・・・暗い。
凝った美術はいいのだけど、照明は暗い、話も暗い、とにかく暗い。

(素人が勝手なこと書いています。お好きな方は素通りしてください。)

悲劇でも、オペラは華やかさがあるものが好きだな。

関連記事
NYのエンターテインメント | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
◆鍵コメさんへ
こんにちは。
コメントありがとうございます。
私の実家から近い地名が出て来て、とっても懐かしい気分になりました♪
ニューヨークには星の数ほどレストランやカフェがあり、当たり外れも多いですが、そんな中でお気に入りのお店が見つかると嬉しくなりますよね!

これからニューヨークは寒い寒い冬に入りますが、輝くイルミネーションでワクワク気分が高まります☆
どうぞ風邪には気をつけて楽しくお過ごしくださいね~。
これからもよろしくお願いします。
おはよーございます^^
私も同感!
以前ラ・ボエムをバスティーユオペラで見て激しく後悔。
名作であってもやっぱ椿姫やフィガロの結婚みたいに華やかなもんがいいですね~♪
オペラシーズン、羨ましいなあ~
◆あやのすけさんへ
お帰りなさ~い!
なんだかパリの香りが文字から漂ってきます♪

オペラは日本では観る機会があまり無さそうなので、今のうちにニューヨークで観ときたいなと思っているものの、終了時間が遅いこともあってなかなか進みません。
特に冬はおうちでゆっくりワイン飲んでダラダラ過ごしたいので。へへへ(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。