スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アメリカ大陸初上陸☆でアクシデント

2010年07月07日

1501.jpg


東京の姉が友人と二人で遊びに来てくれました!

姉は早くに結婚し、すぐに母となり、長い間海外を行ったり来たりだったので、私は大人になってから姉と二人で買い物に行ったり、旅行に行ったり、飲みに行って恋話に花を咲かせたりなど、姉妹で遊んだことがありません。

もちろん、電話やメールをしたり、家族で食事したり、お家に行ったりし、そういうのも楽しいのだけど、お互い自由時間がたっぷりあるわけではありません。
家族、仕事・・・いろいろとあります。

今回は家族の協力のお蔭で、仕事の休み中に姉のニューヨーク旅行が実現しました!

子供の頃、姉の後ばっかりついて行ってた「お姉ちゃんっ子」だった私、この一週間はものすごく楽しみました♪
その間の家事はいつもにも増して適当だったけど、「思いっきり楽しんどいで☆」と泳がせてくれた夫にも感謝です。


家族と、自分の備忘録として書き残しておこうと思います。


1510.jpg
ロックフェラーセンターのLEGO



そうそう、信じられないアクシデントがありました。
姉たちのフライトは「DELTA」。
成田-NY直行便なので楽だなあと思ってたのですが、ところがドッコイ!です。

JFK着陸後、その飛行機の貨物の扉(チェックインしたスーツケースを入れた貨物室の扉っていうのかな)が故障で開かないという。

何もわからず、乗客はターンテーブルの前で待たされること3時間。
ええ、同じく、迎えの私達も何がなんだかわからないのに待たされること3時間。

何があったのか、どういう状況なのか情報を逐一流す義務があると思うんだけど、そうしてくれないDELTA、いい加減にしてよね!!

乗客の人たちも私達も、もう待ってられないということで、DELTAに各自ニューヨークの宿泊先をメモし、そこへ送ってくれるように(または取りに来る)手続きして空港を出ました。

結局、当日の夜には扉が開き、翌日の夜にはホテルに配達されていたので安心したけれど、これがもし1泊か2泊で他都市へ移動する予定だったら大変です。

出張の人なら、預けたスーツケースの中に仕事で必要なものも有ったかもしれない。





空港で配送手続きをしているとき、ある一人の若い女性に感心しちゃいました。

「普通なら買う必要がなかった下着、化粧品、薬などを、このために買わなくてはならなくなった。その代金はどうなるのでしょうか? 
ここに一筆書いてください。
保険会社に連絡するのに証明書をください。
配送会社はどこですか。
責任者は誰ですか。
・・・・
・・・・いろいろ」



と日本語で聞いている。
英語が聞き取れなくてわからなくても、何度も頑張って聞いている。エライ!
そうすると相手にも通じているみたい。

言葉は違っても、必死で説明するとわかってもらえるんだ。伝えようとする気持ちが大事なんだよな。


改めて思い直しました。

関連記事
NYの風景 | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
No title
お互いの時間をぬって会える時間って いいですね
まだくわしくは 後日を楽しみにしていいのかな?

わたしもちょっと前 ひとりでイギリスに行って来ました
英語あまりわからないのですが 
いろいろ聞いたりして・・ なんとかなりました
No title
ずっと以前、荷物が行方不明で、手荷物ひとつでホテルに着いたことがあり、さらに次の日には違う都市へ移動という不運でした・・・一人でしたが、必要なものは現地調達をし、航空会社とネゴして次の便は何とファーストグレードへアップグレード!荷物も後日手元へ届きました~
思えば、こういう経験を重ねて、今のようにたくましくなったのだと思います(笑)


トラブルは思い出になる
私も姉とのニューヨーク旅行は本当に大好きです。他の誰かと行く事が想像出来ないくらいです。なので、ゆずれもんさん姉妹の旅行記の今後の展開楽しみです。
◆akiさんへ
こんにちは。
イギリスへ行かれてたのですね! いいですね~。
私はまだ行った事がないので、いつか訪れたいです。

そうなんです、なんとかなるんですよね。旅なら度胸もつくし!
困ったことがあった旅の方が、忘れられないものになったりしますもんね。
後で笑い話になる、それもいいもんですよね~。
◆sammy!さんへ
こんにちは。
sammy!さんも荷物が行方不明になったことがあるんですね!
ファーストクラスにアップグレードとは、それはそれは不幸中の大幸いでしたね!!

私も経由便でヨーロッパへ行ったとき、なぜか荷物だけが経由地で下ろされていて、旅行最終日に受け取ったことがあります。
それ以来、できるだけ直行便を選ぶようにしています。

そうですね、いろんな体験をしてたくましくなっていくんですね。何事も経験ですね!

それにしても、すでにたくましい姉たちは、これでますますたくましくなるのでしょう。(爆!)
◆ぢゃい。さんへ
こんにちは。
ぢゃい。さんは、お姉さんととても仲良しのご様子、ほほえましいです。
お互いをよく知る姉妹での旅は、いいものですね♪

これからもボチボチ書き続けますので、また気が向いたらいらしてくださいね。
No title
御姉様、初日から大変だったんですね!
アメリカに住んでからロストバゲージや数時間遅れにすっかり慣らされてしまい
万が一のため、1泊分の下着や着替えは手荷物に入れて置くようになりました。
母が来た時、これだけ空港が広かったら
荷物がなくなるのも無理ないわー と言っておりました。。。(困るのに)
◆Duck Walkさんへ
こんにちは!
ほんと、海外の航空会社は遅延やストやらしょっちゅうあるし、空港での時間潰しは本当に疲れますよね。

Duckさんの<万が一のため1泊分の下着や着替えは手荷物に入れておく>という方法、いいですね!
一日分なんて軽いから大したことないし、私もしてみようかな。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。