スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Billy Elliot

2010年07月11日

b10.jpg

ブロードウェイ・ミュージカルBilly Elliot、私もまだ観てなかったので一緒に行ってきました。

はじめのうちは英国アクセントや、炭鉱労働者の言葉が聞き取りづらかったですが、それもだんだん慣れてくると、歌やダンスにも集中でき、ストーリーも良いので、「ビリーエリオット」は私のお気に入りショーに加わりました。

姉たちも「とっても良かった」と♪
ロンドンのショーと少し趣きが違うようなので、そちらも観てみたいなあ。




b20

終わった後、劇場前がなんだか騒がしい。
この彼、有名人みたいです。




b30.jpg

夜12時前でも賑やかなタイムズスクエア、ニューヨークは「眠らない街」だと納得です。

さあ、これからタクシー争奪戦です。


関連記事
NYのエンターテインメント | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
No title
私も昨年観ました。
がデラウエアからの移動日で始まる前は平気やったのに始まったらいきなり睡魔が。
一番楽しみにしてたのにほんと残念でした。
でもパワーをすごく感じたし、子供たちのプロ意識ってすごいな!って感心しました。
さすがエンタメ本場ですね。
リトルダンサー
原作映画リトルダンサーでもビリー君の英語、語尾をちょっとあげて切る独特な話し方でしたね。
映画好きなのに、ミュージカルは観に行ってません。
映画とラストシーンが違うらしいので。。。
でも大人になったビリー君のスワンは出てくるんですよね?
あのスワンの本物が(って言い方も変ですが)、10月イギリスからNY公演にやって来るようです。
いいですね。。
NYの街は、さすがに違いますね!エンターテーメントを夜中の12時まで、楽しめるなんて・・。興味はあるのですが・・、日本で公演しているのは、あまりにもチケットが高くて(普通ですか?)行った事がないのです。
NYにいたら、楽しみが増えそうですね。(住んでみたいよ~!)
◆noricsさんへ
睡魔・・・わかります!
私も初めてのNY旅行のとき(もう10年以上も前ですが)、「CATS」を見に行ったのですが寝てしまいました。
初めてのNY,初めてのブロードウェイショーということでドキドキワクワクしていたのに、照明が落ちると即刻寝てしまいました。(食事後だったし!)
私はお腹が一杯になると、人一倍眠たくなるタイプみたいで、今ではミュージカルでもオペラでもコンサートでも、たとえマチネであっても、ショーの前は余り食べないようにしています。
一人のときは抜いて、終わった後にお腹に入れています。

それはそうと、子供たち素晴らしかったですね。
華やかな舞台の蔭に、厳しいトレーニングと、すさまじい競争があるんだなと感じます。
◆Duck Walkさんへ
「リトルダンサー」は見てないんですよ。
そうそう、映画とラストシーンが違うらしいですね。ラストは映画の方が感動するらしいって。

ミュージカルでは、大人のスワンは途中で出てきます。

スワンの本物って、映画に出てたバレエダンサーのことですか?
NYにやってくるだなんて、じゃーDuckさん、行くチャンスですねー!
◆YUKOさんへ
アメリカはエンターテインメントが盛んな国だなーと、あらゆる場面で感じます。
ほとんど何でも”ショー”と化してしまうので。


日本のミュージカルは四季しか行ったことないですが、どの席も一律1万円以上だった記憶がありますが・・・後ろの方でも高いですよね。

NYのブロードウェイは日々45以上の演目があって、どの劇場も小さくて、席によって値段がまちまちです。
安く見ようと思えば半額くらいになるものもあります。
学生でも大きな負担なく見れるのはいいなと思います。

いつかNYにご旅行に来られるときは、行かれたら楽しいかと思います♪
No title
え?アダムクーパーがNYに来るんですか????
だったら是非見に行きたいです~
もし日程などがわかれば教えていただけますか?
映画DVD持ってますので、まわしますよ~♪泣きますよ~
◆sammy!さんへ
アダム・クーパーのことなのかと思いましたが、どうなんだろう?
Duckさーん!ぜひ詳しいことをお聞きしたいですっ。(・・・ってこんなところで尋ねるよりメールしまーす♪)

sammy!さん、リトルダンサーのDVDを拝借させていただきたいです!
ミュージカルでも感動したので、より評判の良い映画もぜひ見てみたいです。
ご都合のいいときに、どうぞよろしくお願いします♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。