スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

リビエラマヤ/4.繁華街プラヤ・デル・カルメン

2010年09月21日

p2.jpg

メキシコの陽射しを舐めてかかれません。
朝と夕方は、プールサイドで寝るのは気持ちいいけど、真昼は暑すぎ!

というわけで、午前中はプールで寛ぎ、お昼前から部屋でのんびり、そしてお昼過ぎからリビエラマヤの繁華街プラヤ・デル・カルメン(Playa del Carmen)へ行ってみました。





32.jpg

メインストリートのキンタ・アベニータ(五番街)。
2kmにわたる通りにはショップ、レストラン、バーが軒を連ねます。

ヘミングウェイがモヒートを飲んだというバーもありました。

手巻きの葉巻屋さん。天井にぶら下げて乾かしているのが葉巻の葉っぱ。
(ブロンクスのイタリア人街でこんな風景を見た覚えが・・・。)




p7.jpg

あちこちにレスラーの覆面があります。

それにしても暑い・・・。じっとしていても汗をかく・・・。
日本の夏では当たり前に汗をかいてたけど、ニューヨークのカラッとした夏に慣れてしまったので、汗腺はびっくりしたんじゃなかろうか。





p5.jpg

地元のスーパーにも寄ってみました。
野菜売り場には普通にサボテンが!


p3.jpg

チレ、サルサはものすごい種類がありますね~。楽しい♪
見たことのない辛いお菓子もいっぱい!
香辛料とココアが入ったモレソースはちょっと苦手なので買っていませんが、好きな人ならたまらないでしょうね!
楽しくていろいろ買い込みました。



p4.jpg

プラヤ・デル・カルメンの公共のビーチ。
と~っても青い。

普通のコンパクト・デジカメで撮っているのですが、まるで絵みたいです。
太陽の強さと、砂の白さと、熱い空気が写真をこんな色にさせるのでしょうか? 不思議。





210_20100921025919.jpg

ごはんは適当に見つけたメキシカンへ。
トルティーヤが入ったスープはメキシコではポピュラーです。
ライムを搾って。辛いけど美味しい。

ちなみに、庶民的なレストラン、バーの多くは冷房が効いていません。
扇風機があればマシなほうかも。


翌日は漁村へ。



=====================================

★リビエラマヤから車で15分くらいで180ペソ(US$16)。タクシーに乗る前に値段交渉は必要です。
★カンクーンのホテルゾーンからだと、プラヤ・デル・カルメン行きのお得な高速バスがあります。(約一時間)



関連記事
2010夏・リビエラマヤ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。