スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ローマの旅-2*「天使と悪魔」の足跡

2011年01月02日
「天使と悪魔」の舞台巡りもかねて、ベルニーニのバロック芸術を見て回りました。


2410_20110102001742.jpg

サンタンジェロ城橋に飾られた天使像



320q.jpg

ナヴォーナ広場 四大河の噴水

写真では暗くて見えませんが、オベリスクの象形文字はエジプトではなく古代ローマ時代のもの。
まだアルファベットが出来る以前のものです。




3170.jpg

ラファエロの墓があるパンテオン
表は修復中。中にも入れず裏側の柱廊のみ。




2400.jpg

3120_20110102010904.jpg

2390_20110102001743.jpg

サン・ピエトロ広場






2190_20110102001743.jpg

ポポロ広場の双子教会
サンタ・マリア・デル・ポポロ教会




2160.jpg

スペイン広場のバルカッチャの噴水




2110.jpg

2140.jpg

2130.jpg

ベルニーニ家のお墓があるサンタ・マリア・マッジョーレ教会

泊まったホテルはサンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会に近かったのですが、写真は一枚も撮ってないことが判明。
あらら・・・。


ローマの街は小さいので、歩いていれば必ず何かが目に入ります。

城壁に囲まれた街は、石畳で坂は有り、くねった道なので、持って行った靴が一足潰れました。
ローマで終わった靴は本望だったろうな。



関連記事
2010冬・ローマ | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
素晴らしいお写真の数々。
堪能させて頂きました。
イタリアは重厚ですね。
◆yokさんへ
あけましておめでとうございます。
確かに!イタリアは建物やストリートなど街中が”茶色”で雰囲気があり、歴史が感じられて重厚ですね。
ヨーロッパはアメリカとファッションが違う理由もわかる気がします。

時差ボケのまま、気付けば新年が明けてしまいました。
今年もyokさんにとっていい年でありますように♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。