スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

娯楽三昧な一日

2011年02月25日
先日、とても文化的というか娯楽的な一日を過ごしました。


午前:アジアンエスニックなごはん
 を楽しみ、

午後:映画

夜:メトロポリタンオペラ


と、一日をこんなに有意義に過ごせたなんて大満足!

当初は、夜にオペラを観に行く予定があったので、昼の映画はやめておくつもりだったのです。
昼と夜のダブルヘッダーは、きっと目と脳が疲れるだろうと思ったから。

だけど映画に誘ってくれた友人は、バレエに昼・夜連チャンで行っちゃうツワモノ!!!
彼女の行動を見ていると、映画とオペラならジャンルが違うし大丈夫かな~なんて思えてきて、行ってみたら全く問題なし。
返って楽しめたのでした♪




thekingsspeech-mv-2.jpg

映画はThe King's Speech。邦題は「英国王のスピーチ」

期待通りよかったです。演技もすごくいいし!
最後は身内のことのように手に汗にぎったよ。
人間味、温かさ、悲しみ、色々混じって、感動した映画でした。
普段TVでも見るとのない宮殿内や、王室の振る舞い、服装などがすごく”英国”してましたね!

でも残念なことに、まだまだいけてない私の英語力、ていうか単語力?
途中気になる単語がいくつかあって、辞書で確認したくなりました。前後の話から、何となく想像でやり過ごしたけど。
あと冗談とかも。
「え、ここ笑うところ?」みたいな。。。(苦笑)


日本でも、皇室の赤裸々な話で映画ができないかしら???
ん~~、まだまだ保守的な宮内庁が許すわけないか。 あと300年くらいは難しいでしょうね~。

兎にも角にも、今度の日曜日のアカデミー賞授賞式に注目ですね。



一旦家に戻り、ジーンズとダウンコートを脱ぎ、ちょっとマシな服とコートに着替えて、、、

493.jpg

夜はリンカーンセンターへ。
プッチーニのLa Boheme (ラ・ボエーム)

他のオペラの演目より男性客が多かった気がしました。
豪華な舞台、プッチーニの音楽、恋と悲劇のストーリーは万人に人気なのでしょうね。


とても中身の濃い娯楽な一日を過ごす事ができました!
深夜まで興奮冷めやらぬ中、なんとか眠りにつき・・・。


ありがとうございました♪♪



関連記事
NYのエンターテインメント | Comments(6) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
◆鍵コメさんへ
こんにちは。
今は日本の劇場では吹き替え版の映画も上映しているようですが、私は断然字幕の方がいいと思います!!
俳優さんの声も聞きたいし!
吹き替えの声が俳優さんのキャラクラーと違ってたらガックリしますもんね。

ところで韓国俳優さんのこと、私はまるっきし知らなくて。
ヨン様、イ・ビョンホン、パク・ヨンハくらいしかわからないーー。「冬ソナ」でさえ見てないので・・・。
今、日本では韓国の人気グループがいくつかいるらしいですね!
チラっと見ましたがみんな可愛いし、カッコいいですね。
また行きましょう~
お尻が痛くならなかったですか?
良かったらまた次回も行きましょう♪

今度昼間HDオペラ、夜バレエのダブルヘッダーをする予定です。(おバカ?)
No title
これアカデミー賞取りまくりでしたね。
個人的にはヘレナ・ボナム・カーターがかなり良かったように思ったのですが、そこは外されて、作品賞と監督賞を取ってましたね(主演男優は決まってた感じでしたけど)。
作品賞か監督賞はソーシャル・ネットワークだろうと思っていたのでビックリしました。
◆Duck Walkさんへ
オペラでは、前の席にものすごーーく座高の高い男性が座ったので舞台が見づらく、ちょっと体の位置をずらして見ていたので、背中が痛くなりました。
映画も見られて大満足の一日でした!
ありがとうございましたーー♪

オペラとバレエのダブルヘッダーは、時間が長いので大丈夫でしょうか?
それこそお尻が痛くなりそう~~!?
◆カメムシさんへ
想定内の受賞式でしたね。
ヘレン・ボナム・カーターはいい役者さんですよね。私もよかったと思いました!
やっぱり万人の観客に共感を与えたのが「鍵」になったのでしょうか。

今年の授賞式、司会はさておき私はテンポ良く進んだ3時間を楽しく見れましたが、巷ではさまざま意見があるようですね~。

管理者のみに表示
« Flagel | HOME | Sanur »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。