スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Don Quixote

2011年05月24日

277_20110524025329.jpg

バレエ鑑賞のためリンカーンセンターのMETオペラハウスへ。
ABTのドン・キホーテ、主役を踊る加治屋百合子さん☆がお目当てです。

とっても楽しい演目。

バレエ師匠である友人がファン♪であるダニール・シムキン君、彼についての話を聞いていたので注目しちゃいました。
あら!小柄な美少年くん、軽やか~。うま~い。(うまいのは当たり前デス。私って表現力なし子。)

師匠から初めに見所をしっかり聞いていたので、より一層楽しめたドンキホーテでした。


☆詳しいことはこちらのページがおススメ!



リンカーンセンターhttp://new.lincolncenter.org/live/



関連記事
NYのエンターテインメント | Comments(8) | Trackback(0)
Comment
No title
ご無沙汰しております~☆
おしい、またニアミスでした。
私は土曜日のマチネに行ったんです。
加治屋さんが踊った日があったのですね...
うーん、下調べ不足でした。。
うらやましい~
まさにABTシーズンまっただ中ですね!!

確か以前もゆずれもんさんがABTを観た記事にコメントした記憶が... (笑)

ABTに日本人のプリンシパルが誕生していたなんて!!!初めてではないでしょうか?すごいですね~あ~観たい!

それにしてもご一緒したお友達、ゆずれもんさんのバレエの師匠なんですね!?とってもお詳しい。
◆べっちさんへ
こんにちは!
べっちさんは土曜日のマチネだったのですね。
以前もニアミスで。
いつかきっとバッタリ☆がやってきそうですね!
◆モンナマンマさんへ
こんにちは。
私の友人はものすごーく詳しいですよ~♪
何を聞いても応えてくれる、まさに歩くウィキペディアなのです。

モンナマンマさんもバレエされてたのですか。
そんな感じがします。
私はただただ綺麗なものを楽しんで見るだけ、の人です。
「バレエ師匠」と書いていますが、私がバレエをしているわけではなく、「バレエをより楽しく鑑賞するために教えてくださる師匠」という文字が隠されています。ふふふ。
No title
バカ殿は、ちょっとイヤミ君キャラも入ってたような(笑)
ラテンな波平とか、ドリフのような小芝居とか
ロクな解説をしてないのに、師匠と呼ばれていいんでしょうか?
今年の演目はコメディバレエが多く、シンデレラはもっと笑えます。

ちなみに、加治屋さんはまだプリンンシパルになっていません。
今年はソリストの主役が多いです。
◆Duck Walkさんへ
こんにちは。
と~っても楽しい一日でした。
バカ殿と波平のお陰でよくわかったのは確かです♪ ありがとうございます。
私にはああいう説明の方がしっくりと早く飲み込めるのかも!
そうそう、白鳥の時も・・・!!!(爆)
いろんな裏情報もお聞きできて、印象に残った舞台でした。

ところで、モンナマンマさ~ん、師匠曰くこういうことでしたー。
でも本当にすごいですよね、ABTで主役を務めはるなんて。
ゆずれもんさん、Duck Walkさんへ
ちょっと敷居の高そうな芸術鑑賞もDuck Walkさんのように知識が豊富で、しかもユーモラスに解説してくれるお友達が一緒だと何倍も楽しめますね!ラッキー!!

そうそう、私は幼少期のほとんどを、勉強そっちのけでバレエ三昧の日々を過ごした口です。NYCにはABTの公演スケジュールに合わせて休暇を取ったり、仕事でも行った先々でスタジオを探してはレッスン受けてました。でもクラシックバレエのレッスンって、世界中どこで受けても基本同じだし、用語も同じだから楽なんです!

鍛冶屋さんってプリンシパルじゃないんですね?ソリストも主役踊るんですね~知らなかったぁ。
◆モンナマンマさんへ
やっぱり~!
モンナマンマさん、バレエされてらしたんですね!
ド素人の私にとってバレエ鑑賞は、人間離れした(笑)美しい技が見られるので楽しいな~♪程度ですが、面白い解説を受けていたのでより一層楽しめました。

モンナマンマさん、旅先の国でレッスンを受けられただなんて素晴らしい体験ですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。