スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

Zabb Elee

2011年05月29日

343_20110529215800.jpg


タイ東北部のイーサーン料理がいただけるZabb Elee

クイーンズのWoodsideに本店があり、最近マンハッタンに2号店をオープンしたらしいです。

ウッドサイドのタイ料理といえばSripraphaiが有名ですが、クイーンズでは「Zabb EleeとSripraphaiが人気を二分している」との声もあるみたいです。ホンマ?

そんな話題にあがるお店へ、ちょうどタイ料理がピッタリな蒸し暑い日に、辛いモノ好きの友人と行ってきました。



44.jpg

出来たばかりなのでと~っても綺麗なお店です。
ほんとにアジアンエスニックのお店? まるでカフェみたい♪


タイのイーサーン地方は、タイの中でもより一段辛く、また塩も強い。
というのは、暑いタイで海の食べ物を北部へ運ぶのに傷まないよう、塩漬けなどで保存加工したためといわれています。


そして、こちらのお店はそのイーサーン名物のパパイヤサラダ「ソムタム」や、ひき肉の炒め物の「ラーブ」が多く、タイ料理定番のパッタイやカレーは一切ありません。

ソムタムだけで7種類、ラーブで8種類あり、その他スープ、鳥料理、スペシャル料理などがあります。



461_20110529215800.jpg

Som Tum
辛さは1~5段階選べます。 私たちはちゃんとリアルに辛くしてもらいました。

お店の人は「本当に大丈夫?」と念押しし、何度も見に来てくれました。

う~!!!辛~い、酸っぱ~い!  でも爽やか。後ひく美味しさ♪

この辛さは全然大丈夫で~す!!



511.jpg

Larb
普通の豚肉を選びました。(豚の耳やレバーなんかもある)

ご飯が進む~!
プリッキーヌーがすごい仕事してます。辛い、辛い☆

私は生キャベツといっしょに食べるのが好きなので、キャベツをもっと多く置いてくれたら嬉しいな。



491.jpg

Kao Mum Kai Tod
ディープフライの鶏肉と、チキンスープで炊いたもち米。チキンスープ付き。
こちらは辛さなし。ホッと箸休め的(?)な味。

メリハリがきいた美味しいタイ料理で気に入りました。

ほんまにスパイシーでした。
塩辛さは、他のタイ料理レストランもこんなもんでしょう。

マンハッタンのタイレストランでは、甘いパッタイや、辛くないトムヤムクンを食べてガッカリすることが多いですが、そういう中途半端なメニューを置かないところが珍しい。
ちゃんとしたタイ料理を目指してるって感じがしました。

辛いもの好きにはおススメです。

(マンハッタンでこうだと、本店がさらに気になる。。。)



Zabb Elee 75 2nd Ave, (btw 4th & 5th St)

http://www.zabbelee.com/contents/home.html




関連記事
---タイ | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
美味しそうなタイ料理の数々ですね。
行ってみたい&食べてみたいです。
◆鍵コメさんへ
こんにちは!
これから暑くなってくるので、こういう刺激的☆なお料理が食べたくなります。
私は辛さに強い方だと思いますが、たぶん多くの日本人の味覚と同じだと思いますよ~。(日本食に激辛料理がないわりに、日本人って辛い味にわりと強くないですか?)
ニューヨークで食べる各国料理では、辛さがマイルドなんです~。ちょっと物足らないです。(笑)

ところでタイの人々は心が優しいですね。
ほんと今回の件は感謝につきませんね。
◆yokさんへ
こんにちは!
珍しく美味しいと思ったタイ料理でした♪
クイーンズ本店はさらに美味しくて雰囲気も「タイ」してるのかな~と気になっています。

暑くなりましたねー。
こんな季節は辛くてさっぱりしたお料理が食欲を増してくれますね!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。